引越業者の選び方トップ >
引越業者の選び方 >

悪徳引越業者に気をつけよう

実は、引越業者の中には、悪質な営業を行っている場合もあります。

引越業者を選ぶ際に悪徳業者に引っかからないためには、悪徳業者の営業手口を知るのが一番です。

そこで、ここでは、どういう手口で悪徳業者が営業をしているのかを見ていこうと思います。


まず、最初のパターンとして、見積もりの時に、最初の見積もり金額を高く設定しておいて、ここから平均の引越料金までに引き下げていく業者があります。
一見たくさん割引をしてもらったような気になりますが、全然割引をしていないのです。

また、見積もりの際に即決で契約させようとするのもあまり良い業者とはいえません。
見積もり時に今限定期間中に契約すれば、更に値引きしますと言葉巧みに契約を要求しますが、他社の見積書と比較してみれば対して差がなかったりするので見積もり時の即決契約は避けたほうが無難です。


また、他社の引越業者の悪口を言う営業マンにも気をつけたほうが良いです。

他社の悪口などを言うのは、その時点で人間性に疑問がありますので、できるだけつきあわないほうがいいのは言うまでもありません。悪質なケースになると、会社の方針でそういうことをさせる業者もあるそうですので注意しましょう。


契約をしていないのに見積もりに時に『無料サービス』だからとダンボールをわざと置いていく業者もあるようです。

無料だからと言われても契約する前の段階でははっきりと断ることが無難です。


引越業者を選ぶ際に一番注意しておくのが「内金や手付金」についてです。

国土交通省で定められている、引越約款の中には内金や手付金は請求できないことになっています。請求された場合には、違反行為になります。

きちんと業者に約款のまとめに内金や手付金は請求できないことが記載されていることを話しましょう。

この約款は、どこの業者も同じ内容ですので引越をキャンセルする場合のキャンセル費用についても記載されています。

約款に記載されているキャンセル料は2日前までなら無料、引越前日でのキャンセルに関しては、料金の10%、当日のキャンセルは料金の20%と決まっています。

1週間前にキャンセル使用と連絡したらキャンセル料を請求されたなどの場合のためにキャンセルはいつまで無料なのか覚えておくと良いです。