« 2007年10月03日 | Top

最新記事【2007年10月04日】

引越業者に次々と見積もりを依頼するのが嫌な人もいると思います。
インターネットからでも見積もり依頼はできますが、引越業者を選ぶまでにいろいろと連絡があって嫌になる人もいます。
料金は業者によって異なるので、見積もりを依頼してから業者を選ぶのがベストなのですが、
平均的にこのくらい引越業者への依頼をすると分かればいいと思う人もいます。
引越料金にかかる平均な金額を紹介します。

たとえば、単身で1Fから1Fへの引越、間取りが1Kから1DKへ輸送距離100Km程度の引越をするとします。
2t車1台、運転手1名、作業補助1名での軽貨物運送業者での引越をするとします。
費用は、およそ50,000円から60,000円くらいの目安です。

家族の場合で、1Fから1Fへの引越で間取りが2DKから3DKへ輸送距離100Km程度の引越だとして、4t車1台、運転手1名、作業補助3人くらいで大手引越業者に依頼したとします。
費用は、およそ100,000円から150,000円くらいが目安になります。
大物類の荷造り、荷解き及び搬出、搬入は引越業者が行い、ダンボール箱10から20枚をセットしたとしての主な料金の目安になっています。
その他サービスは含まれない金額です。

不用品の処分があったりしますが、各地方自治体を利用するのが安いようです。
各地方自治体の清掃局などに問い合わせると、粗大ゴミの回収方法や料金などについて教えてくれますので不用品を回収してもらう業者を選ぶ際に念頭に入れておくといいです。
また、リサイクル業者の利用や、引越業者によってはリサイクル品の引き取りなどをしているところもあるので、使用可能なものはそういった方法での処分が安く出来る場合もあります。

現在は、家電リサイクル法の施行により、家電メーカーにも製品のリサイクルが義務づけられています。
これは、あらかじめ製品ごとに処分料が決められていて、今までの粗大ゴミでは回収されない家電品を対象としています。製品の購入価格にリサイクル料金が含まれているものもあるので有効に利用することをお勧めします。

全日本トラック協会の公開されているピアノ運搬料金は、最低10,000円未満の料金から最高で60,000円かかるそうです。平均では、40,000円から45,000円くらいが目安と公開されています。
また、エアコン取り外しは、最低料金5,000円未満から最高でも25,000円の費用がかかります。平均では、5,000円から10,000円程度で作業してくれるそうです。

紹介した料金は、あくまでも目安ですので参考程度にして引越業者を選びましょう。

引越業者の選び方

引越業者の選び方を間違うと、家具に傷を付けられたり、サービスが悪かったり、エアコンの設置に不具合がでたり等々、大変なことになります。当ページを見て、より良い引越業者を選んでくださいね。