引越業者の選び方トップ >
引越業者の種類 >

軽貨物引越業者の特徴

軽貨物引越業者は、引越を専門で行っている会社はほとんどありません。個人経営者が多い業者です。
単身者用などの比較的荷物も少なく、大きな荷物もないような小さな引越には向いています。

しかし、最近では引越しを意識して作られた特装車などは、大型家具なども積むことができるようにした軽貨物引越業者も増えていますので、利用価値はあると思います。

軽貨物引越業者を選ぶメリットは、とにかくどこよりも低料金で引越ができることです。軽貨物車での引越になるので、狭い場所での引越には最適です。
特定地域だけの引越を引き受ける業者が多いので、近隣への引越をする場合はとても便利です。

軽貨物引越業者を選ぶ際のデメリットは、軽貨物車を運転する運転手と引越を行う作業員と2名程度しか人が来ませんので、自分も引越作業に参加しなければいけない場合があります。

運転手が業者の代表者で作業スタッフは業者代表者の奥さんや息子など家族ぐるみで行っている場合もあります。

1台で積める荷物の重さも350kgまでと決まっていますので、多くの荷物数を運べないので2台車を準備することになる場合がありますので、その分の料金が追加されてしまう場合があります。


また、梱包は、ほぼ自分で行っておく必要があります。

引越を専門として行っていないので、引越し用の梱包用などの資材が用意されている業者はほとんどありません。

軽貨物引越業者は、荷物を目的地まで運んで下ろすだけですので、梱包を自分で行うのも面倒だと思う人には向きません。

自分でしっかり梱包を行っていないと万が一荷物が破損していても自己責任となります。また、高価な荷物などがある場合は、軽貨物引越業者を選ぶのはお勧めできません。

高価な荷物もなく1台分のトラックでも余裕のある荷物の量だと、料金も安く済むので良いかもしれません。